SHOP BLOG
ショップブログ

すぐそばにある“春のワクワク、ウキウキ”を表現したい! 自然体の女の子が向かう先に何が⁉

すぐそばにある“春のワクワク、ウキウキ”を表現したい! 自然体の女の子が向かう先に何が⁉
4月7日(月)から5月9日(月)まで開催中の、春を感じさせる明るくやわらかな色合いのイラストが、楽天地ビル正面をジャックした「NEW SPRING RAKUTENCHI」。
女の子のイラストに共感するファンの多い、人気イラストレーター高橋由季さんのイラストが、楽天地ビルを彩りました。
「NEW SPRING RAKUTENCHI」をテーマに、春を描いてくれたイラストレーター高橋由季さんに、館内装飾のこだわりや見どころについて、お話を伺いました。
すぐそばにある“春のワクワク、ウキウキ”を表現したい! 自然体の女の子が向かう先に何が⁉
――小さいころから絵がお好きだったのですか?
 
子供の頃から、絵を描くのは好きでした。父が漫画やアニメが好きだったので、姉、兄、わたしはそれぞれ自分の好きな漫画雑誌を発売日に買ってもらい、楽しみに読んでいました。父や兄弟のおかげでさまざまなジャンルの作品に触れられる機会が多かったです。その影響もあり、絵を描くことや物づくりをすることに自然と取り組むことができたように思います。
 
 
――今回の館内装飾「NEW SPRING RAKUTENCHI」の依頼を請けたときは、どう感じました?
 
今回のご依頼の経緯が、楽天地さんの制作チーム側に私のイラストが好きというメンバーの方がいらっしゃったことがきっかけとご依頼のメールにありまして、純粋にうれしく、ぜひお力になれたらと思いました。
 
 
――どういうところが難しかったのでしょう?
 
普段は手にとれるサイズのイラストの仕事が多いので、絵の見え方など想像しやすいのですが、今回はサイズも大きく、行ったことのない場所だったのでイメージを膨らますのが少し難しかったです。とくに正面の柱のイラストは入り口を挟んで離れているのと、柱の三面に描かなくてはならず、三面別々の絵を描くことも考えたのですが、今回は部屋をイメージしていたので繋がりのある絵にしたことで、正面からは見えない左右の見え方も想像しつつ、最後までモチーフの配置に苦慮しました。
 
 
――女の子と、生活に必要なさまざまなアイテムが描かれていますね。これにはどういったこだわりがあるのでしょうか?
 
 
楽天地さんからは「春の訪れ、新生活の始まりをテーマに、感性を最大限に生かしてください」とお話をいただきました。新しい春の訪れからはじまる新しい生活に、楽天地さんやパルコさんで過ごす時間を、同じ女の子の2つの日常を描きました。楽天地さんやパルコさんでできることを打ち合わせでお聞きし、映画館で⻝べたポップコーンや、ゲームセンターのクレーンゲームでとったクマのぬいぐるみ、ギターを習ってみたり、春らしいドリンクを味わい、フットサルに挑戦してみたり、少しずつ楽天地さんで過ごす時間が生活の一部になっていく様子を想像しながら描きました。普段からご利用されている方やはじめて足を運ぶ方にも、こんなことができるんだと絵を楽しみつつも気付くきっかけとなると嬉しいなと思います。
すぐそばにある“春のワクワク、ウキウキ”を表現したい! 自然体の女の子が向かう先に何が⁉
――柱の上部の白いカーテンと女の子が、“これから楽天地やパルコで楽しんできます!”みたいな躍動感を感じさせて、見ていてワクワクします。エレベーターホールのイラストはいかがですか?
 
エレベーターホールのイラストはエレベーターの階数表示やボタンなど、イラストを描けない部分があったので、一枚絵で表現するのは難しいなと思い、ラッピング紙のような幾何学模様の上に柱のモチーフを色を変えて配置し、柱の女の子の別バージョンのイラストなどを追加して構成しました。背景のダイヤ柄とリンクさせて、床のイラストは四⻆は直⻆部分を上にしてイラストを配置しました。
 
――床のイラストはステップを誘っているようで、まっすぐの配置ではないところも、ウキウキ、ワクワクします。制作中、楽しかったことを教えてください。
 
楽天地さんやパルコさんでできることをモチーフに起こし、自分のイラストにしていく作業はとても楽しかったです。5年ほど前に上京し、いまは東京の⻄部に住んでいます。あまり東部の知識がなく、実は錦糸町駅を利用するのが初めてなんです。今回インタビューのため、はじめて訪れましたが賑やかな街で、ワクワクしますね。駅南口に出て左に目を向けたら自分のイラストが目に入りハッとしました。
このイラストをみて、「楽しそう! 行ってみようか」と感じてもらえたらうれしいです。
すぐそばにある“春のワクワク、ウキウキ”を表現したい! 自然体の女の子が向かう先に何が⁉
――カヤヒロヤさんとのユニット『コニコ』では、どういった活動をされているのでしょうか?
 
カヤはイラストレーターでもあり、グラフィックデザイナーでもあるので、例えばCDのジャケットのイラストのお仕事をいただく際は、デザインごと引き受けたりしています。イラストのお仕事では描いたら手を離れてしまうけれど、デザインを含めたお仕事だと、例えば書籍の紙を選ぶところも相談しながら取り込めたりなど、大変ではありますがひとつのものを作るという意味でもまた違ったやりがいを感じることは多いです。今回の館内装飾もさまざまな部分でフォローしてもらいました。
 
 
――これからチャレンジしてみたいことなど、今後の展望を教えてください。
 
子供が生まれたことで、絵本や子供向けの映像作品などを目にする機会が増え、いままで意識していなかった作品に興味がでてきたりなど、様々なことに気づかせてくれます。今後は、イラストと区切らず、絵本やアニメ、マンガなど、さまざまな場所で新たな表現をしていけたらと思っています。表現の幅を狭めることなく、広い視野で取り組んでいきたいです。
 
※撮影・取材は、新型コロナウイルス感染症予防に配慮したうえで実施しました。
 
 
高橋由季
たかはしゆき
ポップでやさしい色合いと、今を生きるごく普通の女の子を自然体で描くイラストが人気。カヤヒロヤとのデザインユニット『コニコ』でも活動。2016年韓国のブックショップYOUR   MINDより『Coffee &   Bread』を出版。2017年ON   READINGの出版レーベルELVIS   PRESSより作品集『ニューテレポーテーション』を出版。書籍、雑誌、広告、CDジャケット等、さまざまな媒体で世界観を発信している。https://takahashiyuki.com/
 
【楽天地×高橋由季コラボレーション「NEW SPRING RAKUTENCHI」概要】
イラストレーター高橋由季氏が「NEW  SPRING  RAKUTENCHI」のために描き下ろしたイラストが、楽天地ビル正面入り口柱をはじめ、ビル内の3カ所に登場。“錦糸町・楽天地で過ごす新しい春”をテーマに、高橋氏による楽天地&パルコを利用する普通の女の子の生活シーンが彩られています。装飾を通して、楽天地&パルコの楽しみ方を発信いたします。・期間:4月5日(火)~5月9日(月)・場所:楽天地ビル正面入り口柱、1Fエレベーターホール、仲通路床
詳しくはこちら:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000009.000066881.html
 
【楽天地公式LINEで「NEW SPRING RAKUTENCHI」の最新情報などを発信中!】
館内装飾を行う5月9日(月)までの期間中、楽天地ビル公式LINEアカウントをお友だち登録し、指定のフォームから必要事項をご記入いただいた方の中から、抽選で12名様に「楽天地×高橋由季」のコラボイラストをプリントしたオリジナルデザインの「森のマイボトル」をプレゼントするキャンペーンを実施中。その他、最新情報なども随時お知らせしております。
すぐそばにある“春のワクワク、ウキウキ”を表現したい! 自然体の女の子が向かう先に何が⁉
※マイボトル画像はイメージです
※本キャンペーンのマイボトルは、楽天地と同じ墨田区に会社を構える「アサヒユウアス株式会社」とのコラボにより実現しました。日本初の国産間伐材を利用したリキャップ可能なマイボトルで、木材由来の自然な質感、香りが感じられます。地元企業・団体とのコラボにより墨田区や錦糸町の活性化を図ってまいります。
公式LINE:https://line.me/R/ti/p/%40fwd9995r
  • facebook
  • twitter
  • line